TopRSS管理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
六里山の家 2
前回は家のインテリアについて書きましたが、
今度は古い物編です。
六里山へようこそ!!


こちら2階です。
六里山の家宝 021
昔は(私が子供の頃までは)かいこを飼っていたので、
2階には部屋の仕切りはありませんでした。
今は物置化してます。
しかし、この2階はとても気になります。
何がしまってあるのか興味津々♪


例えば、建具類。
六里山の家宝 020
多分、古い物なのでしょう。


これは母が子どもの頃に実家で使っていたもの。
六里山の家宝 023
なかなかしっかりした作りで、食器棚に使いたいなぁ。


古びたスツール
六里山の家宝 025
これに腰掛けてジャムでも煮たい!!
ひのきらしいです。


石臼だそうだ。
六里山の家宝 026
そういえば、外にもあったような・・・。


外にあったもの。
六里山とログ 025
これも多分、石臼?!


リモコンじゃ動かないテレビ。
六里山の家宝 028
懐かしい(笑)


昔のミシン。
六里山の家宝 037
キッチンで炊飯器の台として使われてます。


父手作りの部屋の仕切り。
六里山の家宝 022
つるの恩返しのつるが機織に使いそうな部屋って感じ(笑)


2階からのながめ。
六里山の家宝 024
まだ、雪が残ってていまいち景色はよくないけど、見えるとこ全部、うちの庭です。
っていうか、そこよりかなり先までうちです。
見える建物は倉庫です。


今、私が一番狙ってる物
六里山の家宝 029
古いわりに頑丈な机。
でも、私の家には入らない。っていうか、
階段が狭くて入れられないのです。がっかり!
くれるって言ってもらったのに。


とまあ、こんな感じで古い物いっぱいの六里山の家です。
まだまだ色々ありそうですが、今回はこの辺で^-^


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。






[2008/03/28 21:05] | 六里山 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
六里山の家
久しぶりに六里山の家に遊びに行ってきました。
六里山にはちょくちょく行くのですが(なんせ車で10分のところなので)、
家にはあんまり入らず、外の風景だけ撮って帰ることが多い。
そんなわけで、久しぶりに中に入ってみました。

この家、約築90年。
物を捨てない性質の父なので、お宝(がらくた)がいっぱいです。
っていうか、私的にはこの家そのものがお宝です

緑の部分は、数年前に改装したもの。
本来は、上の木の部分が全体を覆っていました。
六里山とログ 031
なんせ、古いので補強のために。


こちらは小屋とログ。
六里山とログ 002
色んな農機具が閉まってあります。


立地はすばらしい。不便だけどね。
六里山とログ 001
こんな山に建ってます(笑)



南向きにある縁側。
六里山とログ 027
おばあちゃんはよくここで色んな物を干していました。


さて、お次は室内編

天井です。
六里山の家宝 036
囲炉裏があったからか?それとも長い年月のせいか真っ黒です。
古い電気配線?!も残っています。


こちらが縁側
六里山の家宝 015
古さがうかがえる床です。



外はまだ雪。六里山の家宝 005




時計も戸も昔のままです。
六里山の家宝 034

六里山の家宝 018



新しいものもあります。
六里山の家宝 033
薪ストーブです。


それに弟のステンドグラス
六里山の家宝 001
チューリップ柄

六里山の家宝 002
夏をイメージ
六里山の家宝 007
こちらはハクチョウ
六里山の家宝 012



景色もいいよ。北側は谷になっていて見晴らしがいい!
六里山の家宝 032



こっちは東側。春なら花や芝生や池が見えるんだけど、今は雪に隠れてる。
六里山の家宝 003


こんなおうちです。
私は気に入ってます。
いつか住みたいとも思ってるんだけど、なかなかね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。





[2008/03/25 10:49] | 六里山 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
六里山の冬
六里山は私の父の生まれたところです。

昔はひいじいちゃん・ひいばあちゃん・おじいちゃん・おばあちゃんが住んでいてよく遊びに行

きました。今は誰も住んでいませんが、家族の誰かが友達を連れて泊まったり、両親が庭や

家の手入れをしたりしています。

ここは私が子供の頃からずっと変わっていません。

それはこの上には山しかないし、人はめったに通らない。

それになにより、父が『自然は見るだけ。そのまんま。』というスタンスの人だからでしょう。

多分、ここは私が生まれる前からずっとかわらず、このまんまだったのでしょう。

日本の原風景というか、昔の日本の里山や農村はこんな景色だったんだろうなぁと思わせて

くれます。

今は雪に覆われていますが、春になって雪がとけたらまた、お届けしたいなって思います。
六里山

六里山

六里山

六里山

六里山

六里山

六里山

六里山

六里山

六里山


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
[2008/02/17 21:46] | 六里山 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<前のページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。