TopRSS管理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ガスオーブンの悩み:カンパーニュ
ガスオーブンでねっちょりカンパーニュを焼くと、こうなる!!

2011.7.18 005

まぁ、クープの開きについては置いておいて、

要は、すごく焼き色がつきすぎてしまうのだ。

焦げてしまうと言うか・・・。


通常220度で30分焼いている。

が、今日も、こげるといけないからと、途中から温度を190度に下げた。

でも、これだ!!

ドライフルーツなど入っていて、焦げやすいと言うのはわかるが、

何もこんなに焦げなくても・・・


そういえば、ガスオーブンでうまく焼けないパン達は、

皆、糖分が多いかも。

ベーグルはケトリング時に糖分をまとうし、

こぶしぱんもドライフルーツが入っている。

糖分の多いものは、少し温度を下げるべきか・・・。


カンパーニュはどうしても大きいパンなので、

中までしっかり焼くために、温度を下げる事を躊躇してしまう。

が、思い切って、20度くらい下げてみるといいかもしれない。

次はそうしてみよう!!


ちなみに断面
2011.7.18 012

クラストは焦げてるが、クラムは私の好きな瑞々しい均一な気泡

皮さえ突破すれば、うまうまの世界だ







ちなみに電気オーブンで焼くと、こうなる!
2011.7.13ねっちょりカンパ 005
焦げたりしないのだ。


↓ぽちっとお願いします^-^
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[2011/07/18 14:02] | 自家製酵母パン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<バゲット(酒粕酵母) | ホーム | ちいさなやまぶどうぱん(いちじく酵母)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanautacafe.blog15.fc2.com/tb.php/656-a5d87697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。